family-tiryouinのブログ

身体の気になる症状と、マッサージ治療のご案内です!

症例紹介『夏バテ(冬バテ)? それとも熱中症(冬の熱中症)の前触れ?』

夏の蒸し暑い日が続くと、「暑さによる体力消耗」、「大量の発汗」、「寝苦しさ」、「屋外と屋内の気温差」などで、体調を保つ自律神経の負担が増して『夏バテ』が起きたり、身体の水分が失われて『熱中症』が起きたりします。

また、寒さが強まる冬も、「寒さによる体力消耗」や「秋から冬の寒暖差」、「屋外と屋内の気温差」などで、自律神経の負担が大きくなって『冬バテ』が起きたり、「大気の乾燥」や「水分摂取量の減少」などから、冬の『熱中症』と言われる『脱水症』が起きたりします。

この為、季節の寒暖が大きくなった頃に、「疲れ易い」、「身体の不調が続く」、「食欲不振」などが生じた場合は、体調を保つ自律神経が追い付かなくなっている事があるので、身体の回復力を取り戻す為に、身体の疲労や緊張を解消して、自律神経の負担を緩和させ、身体の調子を改善する事が大切です。

続きは、『夏バテ(冬バテ)? それとも熱中症(冬の熱中症)の前触れ?』を、クリックしてご覧下さい。

【 本八幡( 市川市 )ファミリー治療院 】

 

症例紹介『猫背の姿勢改善と、骨盤の傾きの関係』

毎日、PCやスマホの操作をしていると、気が付くと、背中を丸めた猫背姿勢になっているので、背中を伸ばしたり反らしたりして、姿勢を正しますが、そのまま姿勢を保つのが辛くなって、また、元の猫背に戻ってしまいます。

これは、背中を前に曲げた姿勢をしていると、お尻を後ろに突き出し、腰から背中を前に倒した状態が続くので、いつの間にか、背骨の土台になっている股関節や腰の筋肉が屈曲したまま固まってしまい、背中を伸ばしても、腰付近の筋肉が伸ばせなくなるからです。

この為、猫背の改善には、背中を伸ばす為にも、曲がったまま固まっている腰付近の筋肉が伸びるようにする事が必要なので、股関節や骨盤周囲のコワバリ箇所をチェックして、それらのコワバリ箇所を解消し、股関節や腰の筋肉の柔軟性を回復させる事が必要です。

続きは、『猫背の姿勢改善と、骨盤の傾きの関係』を、クリックしてご覧下さい。

 

症例紹介『寝違い(寝違え)を、早く治したい』

『寝違い』を起こすと、首すじの筋肉がコチコチに固まって、突っ張った状態になり、しかも、チョッと頭を動かすと、首から「ビリッ!」と痛みが走るので、顔を正面に向けたまま動かす事ができなくなります。

この為、早く『寝違い』を治したくなりますが、首の筋肉のコワバリと痛みを回復させるには、首すじの痛みの箇所を確認して、無理をしないように、①周囲の血流を回復させながら、②筋肉の弾力性や柔軟性の回復を行い、③痛みを起こしている神経を鎮める事が必要です。

このような方法として、神経と血管が集まっているツボを利用すると、筋肉内の血流を促して、筋肉のコワバリを和らげ、敏感になっている神経の興奮を鎮める作用があるので、『寝違い』を無理なく、早く回復させられます。

続きは、『寝違い(寝違え)を、早く治したい』を、クリックしてご覧下さい。

【 本八幡( 市川市 )ファミリー治療院 】

 



症例紹介『中高年の運動不足解消と、スポーツクラブ、フィットネスクラブ』

アンチエイジング、メタボ予防、そして健康ブームの広がりなどから、スポーツクラブやフィットネスクラブなどを利用して運動をする中高年が多くなっています。

しかし、今迄、運動する機会がほとんど無かったり、腰、膝、肩などに痛みを抱えていたりすると、後になってから、『運動は、身体に負荷をかける事』なので、筋肉痛や不快感・疲労感などが起きて、悩まされる事があります。

この為、「病院に行くほどではないけれど、何となく身体の調子が悪い…」と感じる場合は、体調が保てなくなっている状態なので、身体のコンディショニングを行って、快適に運動できるように、身体の不調を解消する事が大切です。

続きは、『中高年の運動不足解消と、スポーツクラブ、フィットネスクラブ』を、クリックしてご覧下さい。

【 本八幡( 市川市 )ファミリー治療院 】

 

症例紹介『寝ていると、背中や腰の痛みで、眠れない』

江戸時代の読み人知らずで、『世の中に、寝るほど楽は無かりけり』と、「寝ているのは、気持ちがいいし、身体も休まる、最高の娯楽だ…」と詠(うた)っている狂歌があります。

しかし、毎日の疲労や緊張などで背中や腰がコワバッテしまい、血行が悪化すると、神経が刺激されてズキズキ・ジンジンとした痛みが起きてくるので、寝ていると気持ち良いどころか、下側になっている背中や腰が体重で圧迫されて、「痛くて、寝ていられない!」となってしまいます。

このような疲労や緊張などによる痛みは、湿布や張り薬では、痛みを和らげても解消する事ができないので、身体のコワバリ箇所を調べて、悪化している血液やリンパ液の流れを回復させ、神経を刺激する老廃物を排出し、痛みの原因を無くす事が大切です。

続きは、『寝ていると、背中や腰の痛みで、眠れない』を、クリックしてご覧下さい。

【 本八幡( 市川市 )ファミリー治療院 】

 

症例紹介『ストレッチ と マッサージ (硬い身体を、柔らかくする為に)』

身体が硬くなって、筋肉のコワバリで血行が悪くなると、肩コリや腰痛に悩まされたり、疲れ易くなったりするので、体調が悪くなるだけでなく、忍耐力や持久力が続かなくなったり、気力が無くなったりします。

この為、「ストレッチで、身体の柔軟性を回復させよう!」と思っても、“姿勢を維持する筋肉”や“関節の筋肉”が硬い為に、思うように身体を伸ばせなかったり、動かす事ができなかったりするので、「苦しい」、「つらい」、「痛い」という事になって、長続きしません。

特に中高年になって疲労や緊張が続くと、回復力も低下してくるので、身体のコワバリと身体の不調に悩まされる場合は、身体のコワバリ箇所や不調箇所のチェックと、これらの解消の為に、身体のコンディショニングを受けてみる事が大切です。

続きは、『ストレッチ と マッサージ (硬い身体を、柔らかくする為に)』を、クリックしてご覧下さい。

【 本八幡( 市川市 )ファミリー治療院 】

 

症例紹介『疲労やストレスで、めまい、耳鳴り、が気になったら』

お腹の胃は、疲労やストレスの影響に弱い器官なので、食欲が無くなったり、胃が痛くなったり、下痢や便秘を起こしたりしますが、耳も胃と同じように、疲労やストレスの影響に弱い器官です。

これは耳の奥のリンパ液の流れが、極めて少量で、微妙な流れになっているので、精神的な不安を伴うストレスとか、睡眠不足、疲労などで、リンパ液の流れに異常が起きると、リンパ液が流れづらくなって耳の奥の神経を圧迫し、「急に耳が聞こえづらくなる」、「耳鳴り」、「めまい」、などを引き起こすからです。

この為、症状を改善するには、耳の奥のリンパ液の流れを安定化させる事が必要なので、疲労やストレスによる首や肩などの“コワバリ箇所”を調べて、これらを解消し、更に、身体の疲労やストレスなどを回復させて血液やリンパ液の流れを良くして、耳の奥の微妙なリンパ液の流れを取り戻す事が必要です。

続きは、『疲労やストレスで、めまい、耳鳴り、が気になったら』を、クリックしてご覧下さい。

【 本八幡( 市川市 )ファミリー治療院 】